自動水茹で麺製造ライン(ラーメン、うどん)|自動製麺機メーカー |KCMC

自動調理麺製造ライン(ラーメン、うどん)。| Kuo Chang Co. は製麺機の専門的な経験があり、最も重要なことは、お客様の声に注意深く耳を傾けることです。

自動調理麺製造ライン(ラーメン、うどん)。

自動水茹で麺製造ライン(ラーメン、うどん)

調理麺の製造工程は、混合、配合、連続圧搾、切断、水煮・水洗です。小麦粉とその他の配合を混合するための真空小麦粉ミキサーを設計します。まず、ミキサータンク内の空気を抜き、乾燥粉末を約1分間混合します。次に、ミキサーにアルカリ水を加え、高速/低速で約15〜20分間混合します。完全に混合した後、タンクが180度下がり、生地が生地投入コントローラーに自動的に排出されます。ミキサー内の空気が抜けているので、混ぜた後の生地がより固まります。


生地を複合プレス機に落として生地シートを製造し、生地シートをより平らでしっかりとしたものにします。連続プレスローラーの操作方法は、コンパウンドプレス機から出た生地シートを押して伸ばすことです。段階的に、生地シートを厚いものから薄いものに変えていきます。押したり伸ばしたりし続けると、生地中のグルテンが強くなります。連続プレスローラーの最終部はスライサー付きです。スライサーを使って生地を麺状にカットします。その後、お客様のご指定の長さの麺を定量的にカットします。麺は麺箱に落として直接調理します。炊飯器内の水の温度は約100℃です。製品によって調理時間も異なります。例えば、幅1.8mmのラーメンなら2分、幅3.75mmのうどんなら9~10分かかります。調理後の麺は麺箱に落として洗浄します。常温の水温26~28℃を通して余分なグルテンを洗い流し、麺の温度を下げて直接パックします。
 
さらに、調理済みの麺を包装した場合、殺菌オーブンを追加して殺菌(蒸気による)を行い、酸味値を調整して製品の保存期間を延ばすこともできます。
 
あなたのアイデアを私たちに共有していただければ、必要な設備をすべて提案することができます。
お気軽にお問い合わせ下さい!

製作加工

ミキサー → コンパウンド → 連続プレス → 水炊き・水洗い

  • 真空小麦粉ミキサーを使用して、塩、水、小麦粉、その他の配合を均一に混合します。
  • 生地をコンパウンドプレス機に落として生地シートを作り、より平らでしっかりとしたものにします。
  • 生地シートを連続プレスローラーに通し、厚いものから薄いものへとプレスします。
  • 最後のスライサー付きローラーで生地シートを麺線にカットします。
  • 規定の長さの麺を定量的に切断します。麺を水炊きボックスに落として直接調理します。
  • その後、麺を水洗箱に落とし、余分なグルテンを洗い流し、麺の温度を下げます。
  • 真空小麦粉ミキサー: HMI インターフェイスによって操作されます。空気を抜くと、最終製品はより噛みやすくなります。
  • ローラー:各ローラーには独立したモーターがあり、インバーターを使用して速度を制御します。
  • ウォータークックマシン:間接加熱・自動温度制御。タンク内の温水と温度サイクルシステム。
  • 水洗機: 3 層冷却タンク
  • 安全装置:ミキサータンクには挟み込み防止装置が装備されています。各ローラーには生地の通過を感知するセンサーが装備されています。機械全体に緊急停止ボタンが装備されています。
  • すべての製品接触表面積はステンレス鋼または食品グレードの素材です。
オプション
  • 熟成室:一定の温湿度(24~27℃/80~90%RH)下で、麺の弾力を伸ばすために生地シートを約20~30分間熟成させます。
  • 低温殺菌オーブン: 高温と蒸気を通して低温殺菌を行い、PH 値を調整して保存期間を延ばします。
  • IQF:麺を均一に冷凍し、不均一な冷凍による表面の亀裂の問題を軽減します。
機械
(1) 灰汁混合タンク(2) 灰汁計量タンク
(1) 灰汁ミキサータンク [製品情報]
容量: 1,000 / 1,200 L
必要な液体 (塩、水、粉ミルク) を均一に混合するため
すべての製品の接触表面積はステンレス鋼または食品グレードの素材です。
(2) 灰汁計量タンク [製品情報]
容量: 50 / 100 / 150 L
バッチ式フラワーミキサーのみに使用します。
PLC による自動液面制御。
必要な液体を計量し、ミキサーに直接ポンプで送ります。
すべての製品の接触表面積はステンレス鋼または食品グレードの素材です。
(3) 小麦粉ミキサー(4) 生地投入コントローラー
(3) 小麦粉ミキサー(4) 生地投入コントローラー [製品情報]
コンベアまたはパネルのいずれかを選択します。
リンク機構を使用して生地粉を排出します。
製品接触面はすべてSUS304構造です。
クラッシャーが含まれます。
クラッシャースティックを使用して生地を粉砕し、コンパウンドプレス機に送ります。
(5) コンパウンドプレス機(6) 連続加圧ローラー
(5) コンパウンドプレス機 [製品情報]
生地シートを作る最初のプロセス:
生地を生地シートに押し付けてから、2 枚の生地シートを 1 枚の生地シートに結合します。
独立したモーター、インバーター&アンプを使用。速度を制御するセンサー。
厚さインジケーターが含まれています。
製品接触面はすべてSUS304構造です。
非常停止スイッチ装置&アンプセンサー
(6) 連続加圧ローラー [製品情報]
生地シートを厚いものから薄いものへとプレスします。
独立したモーター、インバーター&アンプを使用。速度を制御するセンサー。
厚さインジケーターが含まれています。
オプションの 3/4/5/6/7 セクション ローラー。
オプションのウェーブタイプローラー。
製品接触面はすべてSUS304構造です。
非常停止スイッチ装置&アンプセンサー
(7) スライサー(8) 切断装置
(7) スライサー(8) 切断装置
(9) 炊飯器・洗濯機(10) 4ドア型滅菌炉
(9) 炊飯器・洗濯機 [製品情報]
2 種類の麺を使用: うどん / ラーメン
調理時間:最大。 12 分
間接加熱 / 自動温度制御。
タンク内の温水と温度サイクル システム。
1ピッチにつき2回切削/1回切削。
3 レベルの冷却タンク (冷却システムを 2 倍追加可能)。
麺洗浄装置。
滅菌配管。
クールとホットを分けたデザイン。
容量: 2,000 / 4,000 / 6,000 パック / 時間あたり: (200g / パック)
(10) 4ドア型滅菌炉 [製品情報]
低温殺菌オーブン: 高温と蒸気を通して低温殺菌を行い、PH 値を調整して保存期間を延ばします。
(10)IQF
(10)IQF [製品情報]
IQF: 麺は均一に冷凍されるため、不均一な冷凍によって引き起こされる表面の亀裂の問題が軽減されます。

自動水茹で麺製造ライン(ラーメン、うどん)|堅牢なラーメン製麺機メーカー |KCMC

1967年以来台湾に拠点を置き、Kuo Chang Machinery Co., Ltd.製麺機メーカーです。同社の主な製麺機には、ラーメン麺生産ライン、うどん麺生産ライン、即席麺生産ライン、業務用生麺メーカーなどが含まれます。麺生産プロセスの改善、耐久性への投資、安定した品質の確保を検討している企業向けに、Kuo Chang はいます。は、業界をリードする信頼できる選択肢として際立っています。

KCMC製麺機に関して20年以上の専門的な経験があります。顧客が市場に供給するために最も経済的なコストで商品を大量生産できるようにし、事業者に最大の利益余地を生み出します。そこで、当社が製造する製麺設備は、KCMCの有名な食品メーカーによってよく認識され、使用されています。homeそして海外。

KCMC1967年以来、高度な技術と20年の経験を活かし、高品質かつ先進的な製麺設備をお客様に提供し続けています。KCMCそれぞれの顧客の要件が確実に満たされるようにします。